私がシステムトレードを始めたきっかけは・・・

パチスロを打っていた時代

私は二十歳位の時、パチスロを打ちながらフラフラとしていました。

当時はパチスロを打つ人全体の知識レベルも低く、

台の仕組みさえきちんと知っていれば、凄く勝ちやすい時代でした(パチスロ4号機のストック機といいます)。

 

なにせ台の上についているデータを見るだけで、「この台を打てば平均○千円勝てる」というのが数字上解る状況でした。

そういった台をちょっと打っては、ハイ!次の台、ハイ!次の台・・・

という具合に1日に何台も打っていました。つまり美味しい状況の時だけを打っていました。

 

ですので、パチンコ屋で勝つ人と負ける人の格差が、かなり大きかった時代だと思います。

ですがそういうパチスロ台も規制がかかり、規格が変わって、

勝ちにくくなるという事となり、

パチスロ熱も完全に醒めきってしまい、そこから特に何もせず、ダラダラとしていました。

就職とシステムトレードとの出会い

そして20代半ば頃に、ひょんなきっかけがあり就職しまして(今はもうそちらは退職しましたが)

そこで働きだして数か月した時に、

「あぁ、なるほど・・・このまま上がる見込みもない薄給を貰うだけでは、ずっと低空飛行でどうにもならんな」と思い、

副業気分で、前々から「何となくゲームみたいで面白そう!」という理由で興味があった、株取引に手を出してみようと思ったのです。

 

そして流石に何の知識もなしには勝負できないだろうと思い、早速近所の本屋に向かい、

株コーナーにて1冊1冊手に取って「あ~でもない、こ~でもない」と、

ピンとくる本を探しているときに、全身に衝撃が走った本に出合いました・・・

それはその本屋に唯一存在した、システムトレードの本だったのです。

その本によると、「統計的な考え方で優位性のあるルールを用いてトレードする」といった内容だったのですが、この内容が私には刺さりまくる内容でした。

 

要は「1回1回のトレードでは、勝ったり負けたりするものの、

統計上有利な勝負をするので、トータルでは勝ちやすい。」

といったトレード方法であるとすぐに理解できたからです。

というのもパチスロ打ち時代に、同じような理屈でパチスロを打っていたので、

私には、勝ったり負けたりしながらもトータルでは有利な勝負をする「期待値を追う」という考え方が既に身についており、

「このシステムトレードっての、パチスロと同じやん!」と、一発でこの本の内容に惚れ込んだのです。

「字を読むことなんて漫画を読む時と、精々インターネットをする時のみ。」という当時の私が1日に2回も読んだんですから、その衝撃は相当なものでした。

システムトレードの準備段階

システムトレードをやりたくても、ソフトがないと始まらないのですが、

肝心のシステムトレードのソフトも検索すると存在する事がわかりました。

当時は検証くんとパイロンというソフトがあり、どうやら検証くんの方が性能が良いという事で、

検証くんを買う、という方向で考えがまとまっていったのですが、

いかんせん価格が十数万と高く、気軽にできる買い物ではないので、ネットでうんうんと調べまくるのです。

しかし、検証くんの広告のやり方が過激だった影響か?結構書いてある事が手厳しくて、

2日ほど買うかどうかで悩みました

ですが、性能は良いという声が決め手となって、購入を決断しました。

ソフトに十数万というのは高額ですが、損して得取れ的な気持ちでしたね。

 

いざ、システムトレードをやる!

と腹をくくると話は速く、あとはもうやるっきゃない、って感じなんですが、

ある問題がつきまとうのです、それは資金があまりに少ないという事です。

 

ソフトを買い、残ったお金が30万円・・・

そんな小額でシステムトレードが出来るのか?というのは少し気になりました。

でも、やると決めたので資金30万円からシステムトレードをスタートします。

iTRADE無料体験
88x31
株式システムトレード ブログランキングへ

販売ストラテジー「chronus」ページへ
SnapCrab_NoName_2017-12-20_19-41-40_No-00

最後まで読んで頂いてありがとうございます。
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください。
管理人のやる気が著しく上昇します。